フランスの植民地アルジェリアに、カスパという町があった。
そこは、無法地帯となっており、犯罪者の巣窟で、警察も容易に手出しできなかった。


そこで、暮らす一人の男ぺぺ・ル・モコの物語。

ぺぺは、パリ生まれの前科15犯、強奪33件、
銀行強盗2件でパリ警視庁から追われるギャング。


そんな彼を捕らえるためにフランス警察は躍起となる。

一方、カスパの地元刑事スリマンは、ぺぺを黙認しているのだが、
裏では、フランス警察と手をむすび、ぺぺを追い込んでいこうとする。


そこに現れたのが旅行中のパリジェンヌ・ギャビーだった。

その美しさは、身にまとう宝石も見劣りするほどだった。

彼女にすぐさま心酔するぺぺ。


その恋心に漬け込む地元警察サリマンであったが、
ぺぺは、サリマンの計略を知る。

ぺぺは最後ギャビーに一目会うために、
フランス行きの船が出る波止場へ向かった。
しかも、そこに警察の待ち伏せがあることを知りながら。


そして、最後に描かれる悲しきラスト。






この物語の原題は「ぺぺ・ル・モコ」であるが、邦題は「望郷」。

まさに、ペペが恋焦がれる故郷パリを思う物語である。


そして、その象徴が、パリジェンヌ・ギャビーであった。



異邦人溢れる田舎ではなく、ましてやそこで出会う女性ではなく、
パリという夢の街、そしてそこからやってきたパリジェンヌに、ペペは惹かれる。

そこに自分を同一視もする。

ギャビーがいう、「We're neighbors」という言葉に、
ペペは喜びを感じる。


そして、後半、昔のパリの時代を思い出す太った女性の逸話が描かれる。

かつて美しいパリジェンヌで歌姫だったその女性は、
涙を流しながら、蓄音機から流れるパリの音楽に耳を傾ける。

その望郷の念こそが、この映画全体に奥行きを与える。

しかも、この映画でパリの映像は存在しない。
けれど、見ている観客はパリの美しさを思い描き、
見たこともない街への望郷の念を共有する。


だからこそ、最後にペペは、リスクを犯しても、
ギャビーを追いかけていく。

そして波止場で、「ギャビー」と叫ぶ。

それが、汽笛にかき消される演出こそが、
ペペの思いがギャビーに、そしてパリに届かないことを表していた。






望郷 [DVD] FRT-171

ファーストトレーディング

スコア:


[PR]
by shinya_express | 2010-11-24 01:30