たとえば、自分が1968年に青春時代を生きているとしたら、
いったいどんな人生を歩むことになるのだろうか。


時代は60年代、
戦後から20年経ち、
日本は高度経済成長の真っ只中で、
東京オリンピックは開催され、
東西冷戦は最高レベルにまで緊張化し、
ベトナム戦争は泥沼化、
日米安保は締結され、
国内は学生運動が激化、
ロックが世界を救うのか、
毛沢東が世界を救うのか、
そんな時代。



そんな時代を、もし自分が生きていたならば、
いったい何を目指しただろうか。




そんな時代、1968年の
京都の高校生と朝鮮学校の学生の
ケンカや恋愛や、
つながりやつながらなさを描いたのが本作。




そこには、
ケンカに明け暮れる人がいて、
フォークを歌う人がいて、
共産主義に染まっていきそうな人がいて、
そして、ヒッピーへと邁進する人がいる。


それぞれが、それぞれの思いで突き進む。

けれど、現代の若者のようにみんながそれぞれへ突き進んで
自分たちの物語を語っていくことはない。

この時代は、どう足掻いても、
人々の物語は、
歴史やイデオロギーに回収されてしまう時代のように映る。

どれだけそれぞれが青春を謳歌しようとも、
そのすぐそばには戦争があり、差別があり、貧困がある。

どう足掻こうとも、
それぞれの思いは、「政治的」にならざるを得ないように見えた。


この映画は、純粋に青春のぶつかり合い(「パッチギ」)を描いているけれども、
その根底には常に、政治の時代だった色合いが付きまとう。

第二次大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、
日韓問題、安保問題、部落問題、
そんな問題たちが付きまとってしまう。


だから、純粋にそれぞれの思いを美しく描くことができない。


どこまでいっても、政治的なのである。

祖国を思う朝鮮学校の学生は、
それがすなわち東側の論理へ向かい、
先生が毛沢東を尊敬するのを見ていた学生は、
いつの間にか安保闘争へと進んでいく。
フォークを歌う学生は、結局反戦の論理へと向かってしまう。

直接的には、それらを描いてはいないけれど、
そんな「匂い」を感じてしまうのが、
今を生きるぼくらなのかもしれない。



ぼくらに、そんな論理は無い。


もはやイデオロギーもない、政治は無関係、
そんな時代には、それぞれはそれぞれの島宇宙を形成し、
そこで孤立して、生きて行くことができる、
もとい、生きて行くしか無い。



だからこそ、ある人は60年代を憧れたりもする。

何か向かう先があり、
反発する先があった時代を夢想したりする。

そんな人は、60年代にタイムスリップしたら、たぶん
ロックで反戦を主張したり、
安保闘争を先導したりするようになるのだろう。



今は何も向かう先の無い時代。


それは、ある意味「自由」なのかもしれない。
それこそヒッピーが本当に求めた時代なのかもしれない。
けど、本当にみんな自由に生きているかというと、全くそんなことはない。



何も向かう先が無い、なんでもやっていい、
その自由さが不自由すぎて、引きこもるしかなくなる。



人間ってホントに身勝手だな、と一笑に付すのは簡単で、
60年代を必死に生きた人たちが今笑うのは、別にいいと思う。


けど、ぼくらのように実際に今を若者として生きている人々は、
そんな自由で不自由な時代を生きなければならない。

自殺が道徳的に許可されたら、
たぶんものすごく多くの人が死ぬだろう。

なんとかこの世に繋がっている人が多い今、
なんとか寄る辺を探し求めるしか無い。



だから、『パッチギ!』の世界を憧れる人もいるだろうし、
何かに対抗しなきゃと言う人もいるだろう。

けど、そんな時代じゃない。



だったら、どうしたらいいのだろう、
とぼくなんかは戸惑ってしまう。






パッチギ! (特別価格版) [DVD]

ハピネット・ピクチャーズ

スコア:


[PR]
by shinya_express | 2010-11-27 01:33